子供の習い事〜バレエ、ダンスから人気スポーツなど…のTOPに戻る
「子供の習い事〜バレエ、ダンスから人気スポーツなど…」トップ >  習い事・全般 > 将棋は分析力・知力・決断力・行動力を高める…

将棋は分析力・知力・決断力・行動力を高める…


本将棋・日本将棋とも言い、シャンチー・チェスとともに世界三大将棋ともいいます。

使う駒の数はそれぞれ大将棋130駒、中将棋92駒、小将棋40駒、となっています。
対局(たいきょく)とは将棋を指すこと、一局(いっきょく)とは将棋を1回指すこと、将棋を指す(さす)とは将棋を行うことをあらわしています。

将棋には他の協議と同様、アマチュアとプロとがあります。現在、日本には150名のプロ棋士がいます。
女性棋士は日本将棋連盟とルールが異なる女流棋士という制度があるそうです。現代、女性棋士別のグループリーグで対局しているそうです。

今、将棋をする子供増えましたね。
私が小学生の頃に学校のクラブ活動で将棋クラブがありました。当時は少人数であまり人気がありませんでした。

しかし、今では子供の将棋教室などもあり、休みの日や学校帰りに対局する子供が多いそうです。

年齢に関係なく子供と大人で対戦したりもします。
もちろん強い子は大人を簡単に負かしてしまうほどの実力を持っているそうですから驚きですよね。

将棋をやっている子供達は負けず嫌いな子が多く『大人にも負けない』『絶対に負けたくない』という闘争心も常に持ち、練習に励んでいるそうです。

将棋をするなかで培うことはたくさんありますよね。

分析力・知力・決断力・行動力を高めることができます。
また集中力・忍耐力・精神力・持続力を鍛えることもできますし、礼儀作法も身につけることができますよね。

私は子供の頃、将棋というとおじいちゃんがやっているというイメージしか持っていませんでしたが、今は趣味でやっている人は男女年齢問わずにたくさんいるそうです。


今では将棋ができたら“かっこいいなぁ”と思っています。

関連コンテンツ

0歳からの習い事はリトミック教室でスキンシップ…

子供の習い事の種類は現在とても多く、小さいうちから通う子供達が増えています。 その中でも0歳のうちから通えるリトミック教室というのがあるのをご存知ですか? リトミックはスイスで発案され、明治時・・・

英会話の教室は楽しみながら学び将来活躍できる…

子供の習い事で、英会話教室へ通う子供達が増えてきています。 今では小学校の授業にも英語を取り入れるほど国際化は進んでいます。 海外旅行・国際結婚・留学や日本に滞在する外国人なども年々増え、外国・・・

書道・習字は1度やってみても損はない…

子供の習い事で、習字・書道を習う子供は多いようです。 パソコンや携帯電話を利用する機会が増えている現代では、とく当たり前です。 習字・書道を習う中での“メリット”はたくさんあります。 正・・・

そろばんで算数も好きになり勉強意欲も増す…

日本では昔から『読み・書き・そろばん』という言葉はよく知られています。 そろばんの習い事は人気が高く、習字・書道と並びます。 今はコンピュータや電卓が普及し、計算は全て機械任せとなっています。・・・

茶道は侘び寂びの伝統文化文化を学ぶ奥の深い道…

茶道といえば流派のとても多い伝統文化として知られています。 みなさんは【さどう】と発音していませんか?しかし、本来は【ちゃどう】と発音するのが正しいそうです。 茶道には【煎茶】道と【抹茶】・・・

華道は心の優しさや感性も豊かに…

室町時代、今から約500年ほど前、神仏の供養のため、花を挿したことが華道の始まりと言われています。 茶道と同じように、いろんなな流派に分かれています。 その流派によって生け方・作法が違い、それ・・・

学習塾でもっと勉強が好きになれば…

現在は、子供達のほとんどが学習塾へ通うようになりました。 塾と一口に言っても、進学・受験などの特別な勉強をする塾と、学力の補強をする塾に分けられます。 進学塾というのは受験対策のために指導内容・・・