子供の習い事〜バレエ、ダンスから人気スポーツなど…のTOPに戻る

華道は心の優しさや感性も豊かに…


室町時代、今から約500年ほど前、神仏の供養のため、花を挿したことが華道の始まりと言われています。

茶道と同じように、いろんなな流派に分かれています。
その流派によって生け方・作法が違い、それぞれの流派によって慣わしなどが決められています。

華道の基本は草木の事前の美しさを表現しています。

最近は現代的な芸術としてプリザーブドフラワーのように加工した花を使ったものやフラワーアレンジメントのように自由な発想を持ったものなどの華道もありますよね。

インテリアの装飾やギフトとしても欠かせない存在になっているそのモチーフや草花。
自らの手で作ってみたいという“子供達のための専門の教室”もいろいろの種類があるようです。

華道を習う中で様々のことが、学べます。
伝統文化である華道に触れることによって、歴史や文化に興味をもつようになるかもしれません。
礼儀作法もしっかりと身につけることが出来ます。
何よりも花のことについて色々と学べ、心の優しい子に育ち、感性にも磨きがかかります。

華道を-習わせる親御さんは落ち着きのある子にしたいという願いから“華道教室”へ参加させるという話もあります。

この華道という文化は近年、国際的な広がりをみせています。
どの位置から見てもよいとされている欧米のフラワーデザインはとても自由な表現がされています。
日本の伝統文化“華道”との違いはその表現方法ですね。

しかし、表現方法は違っていてもデザイン・ハーモニー・バランスなど美の要素で構成されていますよね。

華道にせよ、茶道にせよ、日本の伝統文化は素敵なものです。
この文化を今の子供達が受け継ぎ、さらに次の世代へとどんどん受け継がれていき、多くの人たちに愛されていくことを期待しています。

またこの素晴らしい文化を世界中の人に知って貰え、学んでもらえるといいと心から思います。

関連コンテンツ

0歳からの習い事はリトミック教室でスキンシップ…

子供の習い事の種類は現在とても多く、小さいうちから通う子供達が増えています。 その中でも0歳のうちから通えるリトミック教室というのがあるのをご存知ですか? リトミックはスイスで発案され、明治時・・・

英会話の教室は楽しみながら学び将来活躍できる…

子供の習い事で、英会話教室へ通う子供達が増えてきています。 今では小学校の授業にも英語を取り入れるほど国際化は進んでいます。 海外旅行・国際結婚・留学や日本に滞在する外国人なども年々増え、外国・・・

書道・習字は1度やってみても損はない…

子供の習い事で、習字・書道を習う子供は多いようです。 パソコンや携帯電話を利用する機会が増えている現代では、とく当たり前です。 習字・書道を習う中での“メリット”はたくさんあります。 正・・・

そろばんで算数も好きになり勉強意欲も増す…

日本では昔から『読み・書き・そろばん』という言葉はよく知られています。 そろばんの習い事は人気が高く、習字・書道と並びます。 今はコンピュータや電卓が普及し、計算は全て機械任せとなっています。・・・

茶道は侘び寂びの伝統文化文化を学ぶ奥の深い道…

茶道といえば流派のとても多い伝統文化として知られています。 みなさんは【さどう】と発音していませんか?しかし、本来は【ちゃどう】と発音するのが正しいそうです。 茶道には【煎茶】道と【抹茶】・・・

将棋は分析力・知力・決断力・行動力を高める…

本将棋・日本将棋とも言い、シャンチー・チェスとともに世界三大将棋ともいいます。 使う駒の数はそれぞれ大将棋130駒、中将棋92駒、小将棋40駒、となっています。 対局(たいきょく)とは将棋を指・・・

学習塾でもっと勉強が好きになれば…

現在は、子供達のほとんどが学習塾へ通うようになりました。 塾と一口に言っても、進学・受験などの特別な勉強をする塾と、学力の補強をする塾に分けられます。 進学塾というのは受験対策のために指導内容・・・