子供の習い事〜バレエ、ダンスから人気スポーツなど…のTOPに戻る

体操教室で元気にのびのびと体を動かす…


子供の習い事で、体操教室があります。
体操は、日本では根強い人気があるスポーツです。

ところで、子供の運動神経は何歳までが最も発達する時期か、ご存知ですか?
3歳〜10歳といわれているそうです。

幼稚園くらいから、体操教室へ通い始める子供達が多いというのも理解できますよね。

幼いうちからやることで柔軟性にも優れてきますし、バランス感覚も養います。
俊敏性・持久力や反射神経なども養うことができます。

また感受性も豊かになり、怪我に強くなり、危険を回避する能力も自然と身につきますよね。

マット運動・トランポリン・ボール遊び・鉄棒など幼いうちから体験することで体を動かす楽しさを学びます。

小学生ぐらいになると、成長につれて前転やバック宙返りなど、高度な技で運動能力を高めていき、敏捷性をたかめます。

また、体操教室では学校や幼稚園では置いていない器具なども挑戦できるのです。

専門の指導員のもとで正しいアドバイスや補助を受けてするので親御さんも安心できますよね。

体操教室で習ったことを学校などで披露すれば、友達や先生の間で注目されます。
すると『もっとすごい技をやりたい』と思い、練習にも力が入ります。

今、子供たちは外で遊ぶことが減ってきているのが現実です。
しかし、体操をして体を動かす楽しさを覚えれば、外で遊ぶ機会も増え、体も丈夫になることでしょう。

将来、オリンピックなどで活躍したいという夢を持って厳しい練習にも一生懸命取り組んでいる子供達もたくさんいますし、趣味としてやるのもいいと思いますよ。

とにかく子供は元気にのびのびと体を動かすことが1番ですね。

関連コンテンツ

スイミング・水泳は子供の習い事で人気が一番(NO.1)…

子供,習い事のなかで、今、スイミング・水泳は習い事の中で男女・年齢問わずに人気が高いようです。 私も小さい頃にスイミング・水泳はわずかの間ですが、通っていた記憶があります。 今はカナヅチです。・・・

新体操は柔軟性とともにバランスのとれた体になる…

タイトル:キーワード: 新体操は小さなうちからやることで柔軟な体を作り、立ち振る舞いもきびんで美しくなります。 それは、新体操が体全体を使って、自分をきりっと美しく表現するスポーツでからで・・・

フィギュアスケートは表現力や感受性が養われるスポーツ…

フィギュアスケートと聞くとまず思い浮かぶのは、トリノで活躍した荒川静香選手や安藤美姫選手・浅田真央選手などですよね。 これらの活躍された選手の華麗な滑りを見て、フィギュアスケートに憧れた子供達も・・・