子供の習い事〜バレエ、ダンスから人気スポーツなど…のTOPに戻る
「子供の習い事〜バレエ、ダンスから人気スポーツなど…」トップ >  スポーツ・全般 > フィギュアスケートは表現力や感受性が養われるスポーツ…

フィギュアスケートは表現力や感受性が養われるスポーツ…


フィギュアスケートと聞くとまず思い浮かぶのは、トリノで活躍した荒川静香選手や安藤美姫選手・浅田真央選手などですよね。

これらの活躍された選手の華麗な滑りを見て、フィギュアスケートに憧れた子供達も多いことでしょう-。
このところ、年々フィギュアを始める子供達が増えてきています。

まずフィギュアという名前ですが、リンク上に図形を描くように滑ることから、その名がフィギュアと付いたそうです。(英語でフィギュアは図形の意味)

フィギュアでは、レベとル年齢によって各々出場できる競技大会が決められています。
日本スケート連盟が主催する大会では3つの階級があります。それはジュニア・ノービス・シニアの3つです。
その中で、シニアクラスの代表的な大会・オリンピックです。

シングルといって1人で行う個人演技、男女2人組みで演技をするペア。
どちらもとても素敵で優雅ですよね。

フィギュアをするなかで、創作活動を通じ、感受性を育むことと豊かな心や目標を作り、練習に励むことで達成感を得ることができます。フィギュアスケートを習うことで、学べることはたくさんあります。


反射神経・俊敏性・柔軟性・持久力・バランス力を養えます。

何よりも曲に合わせて体全体を使います。、喜怒哀楽を表現するため、表現力が身に付きます。リズムに乗って感性が養われます。
また体を動かす楽しさも学べます。

あの煌びやかな衣装やメイクにも女の子達は魅力を感じるのではないでしょうか?
あのような綺麗な衣装をきてリンク上を風を切って滑れたらとても素敵で魅力的な気分になれるような気がしますよね。

今、一生懸命に練習に励んでいる子供達の中からいずれ、オリンピックの大舞台で活躍する選手が現れ、時代の架け橋として活躍されることを期待しています。

関連コンテンツ

スイミング・水泳は子供の習い事で人気が一番(NO.1)…

子供,習い事のなかで、今、スイミング・水泳は習い事の中で男女・年齢問わずに人気が高いようです。 私も小さい頃にスイミング・水泳はわずかの間ですが、通っていた記憶があります。 今はカナヅチです。・・・

体操教室で元気にのびのびと体を動かす…

子供の習い事で、体操教室があります。 体操は、日本では根強い人気があるスポーツです。 ところで、子供の運動神経は何歳までが最も発達する時期か、ご存知ですか? 3歳〜10歳といわれているそうで・・・

新体操は柔軟性とともにバランスのとれた体になる…

タイトル:キーワード: 新体操は小さなうちからやることで柔軟な体を作り、立ち振る舞いもきびんで美しくなります。 それは、新体操が体全体を使って、自分をきりっと美しく表現するスポーツでからで・・・